3Dスキャンすることで、プラントの現状を把握することが可能です。 弊社では、3次元スキャニングした点群データから3Dモデルを作成する業務も行っております。 点群データから3Dモデルを作成することによって、現状の状態を把握するだけなく 3Dモデル化することで2D図面を作成したり、新規配管を追加する際の計画にも役に立ちます。 弊社では、AutoCAD Plan3Dを使用して部材情報が入力された部品にて3Dプラントを作成することも可能です。 AutoCAD Plant3Dを使用した3Dモデルを使用することで、平面図自動出力、アイソメ図自動出力、材料自動集計を実現しています。 >>AutoCAD Plant3Dの設計はこちら また、点群処理については、施工現場に革新をもたらす大規模点群データ活用ツール株式会社エリジオン様のInfiPointsを使用しています。 InfiPointsの詳細については株式会社エリジオン様のHPまで